【コンフォートゾーンを拡げる】“ありのまま”と“今のまま”は違う

 

前回に引き続き、潜在意識の書き換え・実践編

 

ちなみに予告したメソッド、
①イメージング
②アファーメーション
③環境を変える(住環境、仕事、付き合う人、物、情報など)
④ホ・オポノポノ

…のうち、①イメージング②アファーメーションについては前回の
【イメージング&アファーメーション】潜在意識にインストールしたい“究極の観念”とは?
にてお伝えしました(しかし長えタイトルだな…)。

 

今回は
③環境を変える(住環境、仕事、付き合う人、物、情報など)
という方法についてお伝えしますね。

 


あなたがよく一緒にいる人・Top5はどんな人?


突然ですが、ここで質問です。

Q1:
あなたが普段の生活の中で接する時間が長い人や頻度が高い人、Top5は誰ですか?
(家族、恋人、友達、上司、同僚、お客さんなど)
※2次元の奥様は含まないで下さい

 

Q2:
その5人の特徴を思い付く限り、リストアップして下さい。
(年収、ファッション、価値観など)
※分からない場合は推測でもOK

 

ちょっと待ちますので、やってみてください。

 

 

 

 

 

出来ましたか?

それではリストにある5人とそれぞれの特徴をもう一度見返してみて下さい。

あなたは“それらを全部出して5で割ったような人間”じゃありませんか?

 

何故こんな事を聞いたのかと言いますと、
自らが身を置いている環境がどれだけセルフイメージ(※)に影響を与えているのか
を知って頂きたかったからなんですね。

※潜在意識が「自分はこのような人間だ」と思い込んでいる自己像のこと

 

私達のセルフイメージは先程述べた通り、
身近にいる5人を足して5で割ったようなものになる、と言われています。

というのも私達の脳は、他者の行動を見たときにも
“自分が行動しているときと同じ部位”が反応するらしいんです。
(前回説明したイメージトレーニングと似ていますね)

 

ですから、一緒にいる人の思考パターン、行動パターンなどが
知らず知らずのうちに私達の潜在意識に刷り込まれているんですね。

ってなわけで、“誰と一緒にいるか”ってかなり重要なんですよ。

 

ちなみにこういう事を言うと、

「そうか、俺の人生がうまくいかないのはあいつらのせいなんだな!けしからん!」

と今現在一緒にいる人達を責める人がいます。

 

お気持ちは痛いほど分かりますが…(^^;

あなたの人生がうまくいかない理由、
正確にはあなたが「自分の人生がうまくいっていない」と感じる理由は、
あなた自身の内側にあるということを思い出して下さいね。

そして一番重要なことを忘れないで下さい。
ちゃんとうまくいっているんですよ。それも含めて、ね。

この辺りのお話は、

をもう一度読み返してみて頂ければ幸いです。

 


朱に交われば赤くなる


潜在意識に影響を与えるのは“一緒にいる人”だけではありません。

どんな家に住んでいるか、周りは自然豊かなのか、それとも雑居ビル群なのか、
部屋はどんなもので溢れているか、整理整頓や掃除はされているか、
どんな仕事をしているか、それでいくらのお金をもらっているのか、
休みの日にはどんなテレビや映画、YouTubeチャンネルを観ているか…

 

などなど、あなたを取り巻く環境すべてがあなたのセルフイメージに関わっています。
(その環境も結局は自分で選んでいるんですけどね)

 

逆に言えば、これらの環境を理想に近付けることで
意図的にセルフイメージを書き換えることも可能と言えないでしょうか?

 

たとえば“こうありたい”という人の近くに身を置く、とか。

お友達になったり、弟子入りしたりすれば効果は抜群ですが、
もしハードルが高ければセミナーやお茶会、コーチングセッションなど
お金を払ってでも直接会って“空気感”を感じられる機会を利用するのでもいいですね。

 

あとは思い切って転職や起業をしてみる、引越しをしてみる、
行ったことのないところへ行ってみる(海外旅行など)、
あるいはもっと手軽なものとしては、
鬱展開よりハッピーエンドやサクセスストーリーの映画を見る、

 

…などなど。

 

つまるところ、どんな情報を自分の中にダウンロードするかってことなんです。

「朱に交われば赤くなる」
ということわざの通り、
自らをどのような情報の海に浸すかということはとても重要です。

 

ちなみに私は実家ではテレビもよく観ていましたが、
一人暮らしを始める際に「 テレビ…(゚⊿゚)イラネ」となったので、
以降、テレビ無しの生活を送るようになりました。
基本的に情報源はネットか書籍、メンターなどの人づてがメインです。

ですので、たまに実家に帰ると両親の価値観とのギャップに驚くことがあります。
(良い悪いの問題ではなく)

 

それくらい、メディアの選択もセルフイメージに多大な影響を与えているということです。

 


肝心なのはコンフォートゾーンを拡げること


ここで注意が必要なのは、本当にしつこいようですが、
同じようなBeのままで、同じような観念を抱いたままでは
同じような現実になるということです。

 

同じようなBe、同じような観念を抱いた自分でいられる範囲
コンフォートゾーンと呼びます。

要は自らの既知の範囲、安心していられる範囲のことですね。

 

ここ数回の記事でお伝えしてきた“Be、あるいは観念を変える”というのは
このコンフォートゾーンを拡げるということなんです。

それはつまり未知の領域に踏み出す、ということです。

“冒険”をするということですね。

 

分かりやすくするため、下の図をご覧下さい。

 

私達は“冒険”をすることで、
すなわちコンフォートゾーンの外へ出ることで、
新たな知識や経験を得ることが出来ます。
結果としてコンフォートゾーンが拡がります。

この“のびしろ”の部分をストレッチゾーンと呼びます。

 

コンフォートゾーンの外へ出ると言っても、
ストレッチゾーンを越えた範囲まで飛び出してしまうと、
私達は対処しきれず、逆に学びの効果が十分に得られなくなります。

この“ストレッチゾーンの外側”の部分をパニックゾーンと呼びます。

 

ですから、(パニックゾーンに入らない範囲で)“冒険”をすること、
すなわちコンフォートゾーンの外に出て新たな知識や経験を得ることが

“Be、あるいは観念を変える”ということに繋がる、というわけなんですね。

 

そして、

Be→Do→Have

あるいは、

観念→感情→思考→行動→結果

というプロセスを経て私達の現実が変わる、というわけです。

 

肝心なのは、この“冒険”は“自発的”でなければ意味がないということです。

 

本当に大切なことなのでもう一度言いますね。

“冒険”は“自発的”でなければ意味がないんです。

 

内なる声、好奇心に従った結果でなければ、
それは自発的とは言えません。

 

知りたくないことは無理して知ろうとしなくてもいいんです。

そもそも知りたくもないことを知ろうとするのは、
どこか「知るべき」という他人や社会から押し付けられた観念
自分の中にあることが原因であることがほとんどです。

 

そんなものに従えばあなたの内なる力は発揮できません。

ストレッチしません。
即座にレッドアラート。
パニックゾーン入りです。

 

そうではなくて、純粋に自らの好奇心に従った方が
コンフォートゾーンがストレッチします。

むしろ、そのストレッチを自ら求めるようになり、
どんどん進化、成長することが出来ます。

 

ですから今回のテーマである
環境を変える(住環境、仕事、付き合う人、物、情報など)ということも
それが自分の好奇心という“自分軸”に沿った結果なのか
それとも世間体、常識、社会的理想通念といった“他人軸”に沿った結果なのか
よく見極めてから行うようにして下さいね。

 


“ありのまま”と“今のまま”は違う


ここまで話をして、何となくお分かりかと思いますが、
“潜在意識を書き換える”とか“Be、あるいは観念を変える”というのは
結局、本来の在り方に立ち返ると言った方が正確なんです。

ありのままの自分、ってやつです。

 

「レリゴー?そんなんじゃ成長しないよ」

と思ったそこのアナタ。

 

誤解のないようにお伝えしておきたいのは、
“ありのまま”というのは“今のまま”とは違うということです。

 

私達の魂は未知のものを求め続けます。

そして死ぬまで進化、成長し続けます。

 

それが魂のありのままの姿です。

 

その魂の声に従っているとき、
安心、根拠のない自信、穏やかな幸せ、静かなワクワク
という感情を抱きます。

 

本当の意味でこれらに焦点を当てる事は、
コンフォートゾーンに留まる事とは全く一致しません。

 

むしろ留まることで不快や不安になることが多いです。

 

そして自然と未知の体験やパターンを求め、
進んでストレッチゾーンへ飛び出すようになります。

きっと留まり続けられる人はストレス耐性が強いか、ドMなんだと思います(笑)

 

自分の魂の声に従えば、もしかしたらしっくりくる瞬間はそうないかもしれません。
なぜならしっくりきた瞬間に次の未知なる領域へ“冒険”をしたくなるから。

 

それがありのままの自分、というやつです。

 

ありのままの自分、すなわち“冒険”を求める自分に今日からぜひ立ち返ってみて下さいね。

羅針盤が安心、根拠のない自信、穏やかな幸せ、静かなワクワクを指す方に、ですよ。

 


まとめ


ということで今回はかなりボリューミィでしたが、
間違いなく核心部分になる話だと思います。

 

いつもは最後に要点をまとめることが多いのですが、
私の価値観で要約をすることは、めんどくさ
皆様の学びを阻害することになりかねませんので、
あえて“まとめ”はせずにおしまいにしますね(平常心)。

 

何度も読み返して、潜在意識にまでインストールして頂ければ幸いです。
(あくまで魂がそう言うのであれば、ですよ?)

 

次回はこのありのままの自分に立ち返るのに役立つ、
“ホ・オポノポノ”についてお話させて頂きますね。

 

次回はこちら
【ホ・オポノポノ】すべての現実は〇〇が引き起こしている

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

素敵なムカデライフを。

 

記事一覧はコチラ