所沢の畑(2011.10)

2011年の10月半ばくらいに所沢の山口で新しい畑を借りることになり、そこを開墾して作物を育てるための“畝(うね)”を立てた時の写真。

自然農はこの最初の畝立てという土木作業が一番肉体的にはキツいです。

でも一度立ててしまえば、作付けの度に耕したり、畝を作り直したりする必要がなく、ずっと使い続けられるので、トータルではむしろ楽かも。⠀