所沢の畑(2013.05前半)

2013年の5月(前半)

1枚目:
エンドウのアーチ。
…とそこを悠々と行進するトラ猫。

2枚目:
キャベツやレタスの苗床。
畝の外側にある株ほど大きいことにお気付きですか?

実は土の栄養分は表層と深層では、表層の方が多いんです。
(有機物を分解する微生物の活動が盛んなため)

で、ここは草の種を除けるために表土を鍬で両脇にかき寄せたんですね。
だから養分が畝の外側に集中して、こんな育ちの差が生まれたんです。

3枚目:
踏み込み温床の中ですくすく育ってきた苗達。
これはカボチャ。

4枚目:
ライ麦も穂が出て一気に背が高くなりました。

5枚目:
こっちは大麦。

6枚目:
で、これは小麦。

7枚目:
先ほどのキャベツやレタスを植えてみました。

8枚目:
ひとつ前の投稿(2013年4月分)の7枚目の写真にあったカブやコマツナ。
あの時はまだ双葉でしたが、こんなに大きくなりました。