竜ヶ崎・自然農の会(2018.02.20)

竜ヶ崎・自然農の会(2018.02.20)

冬は畝を修繕するのに適した季節。
草や虫の活動がおとなしいからです。

逆に真夏などはこのような環境を大きく変える行為をすると、
棲家を失った虫達が野菜に集中したりすることもあるので注意が必要です。

今(2018年10月)だから言えますが、やたら雨が多い年だったので、
排水のための溝を切り直しておいて正解でした。