竜ヶ崎・自然農の会(2019.03.05)

【“株分け”のすすめ】

3/5(火)は竜ヶ崎・自然農の会。

前日まで雨が降っていて、
なおかつ次の日からも雨…

「そうだ、イチゴ植え替えよう」

というわけで伸び放題になったイチゴの株分け(後述)と、
ラディッシュ、シュンギクの種播きをメインに行いました。

イチゴは成長する過程で“ランナー”という蔓を伸ばします。
ランナーの先端には“クラウン”という根茎となる部分があり、
伸びた先で根付き、新たな株となるのです。

これらを株間30cmくらいに移植してやることにより
飲食店のチェーン店のように、イチゴは株数を増やすことが出来るのです。

ということで1枚目の写真のように
カオス状態のイチゴ達のランナーを切り離し、
既に下ろしている根をなるべく傷付けないように
コテで移植していきました(2枚目)。

めっちゃたくさん生えていますでしょう?
これ、そもそもは4株くらいだったんですよ。

その4株くらいの親株から子株が生まれ、
さらに孫株、ひ孫株…というように増えていくわけです。

植え替えるならなるべく若い株の方が良いのですが、
ここまで老若男女が混在してるともはや分からないので、
なるべく中心から離れたところにある株を優先的に
移植していきました。

————————————

イチゴのように“株分け”によって増やすことができる作物は
他にもネギニラエシャロットなどがあります。

あと株分けと呼んでいいのか微妙ですが、
ニンニク芋類(ジャガイモ、サトイモ、サツマイモ)
ショウガなども近い増え方をします。

要するに花が咲いて、それが結実して種になるのでなく、
自分の身体の一部が新しい株に分裂するタイプ(※)です。

※あくまで栽培をする場合においての話です。
ジャガイモなどは花が咲いてトマトのような実を着けます。
品種改良などの際にはこの実から採れる種を用いるらしいですが、
一般的なジャガイモ栽培ではイモを種にします。

このタイプは毎年命を繋いでいくのが
種子を作るタイプより農夫的にはラクです。

たとえばコマツナ、カブ、ハクサイ、ダイコンなど
多くのアブラナ科野菜は交雑しやすいため、
種採りにコツが要ります。

その点、株分けタイプやイモなどの場合は
新しい株やイモ、鱗片などを採るのも
比較的ラクだと言えるでしょう。

またネギは坊主が着いて出来た種を播いてやることでも
増やせますが、世話の期間や繊細さにおいて結構大変です。

その点においても、株分けであれば
植える時点である程度の大きさになっているので、
小さい種からスタートするよりは他の草などに
負けにくいアドバンテージを有しています。

ですから
「種代を節約したい」
「この畑に合う特性を持つ作物を残していきたい」
「それもなるべく楽な方法で!」

という方は、先に述べたような
“株分け”タイプの作物を育ててみてはいかがでしょうか?

まあ、ひとつ弱点があるとすれば、
株分けによって増えた個体はクローンのようなものなので、
遺伝的特性において多様性に欠けるということでしょうか。

要するに何らかの天変地異があった時に
全滅しやすいということですね。

そこについては、
いくつかの異なる品種を育ててやることで、
どれかひとつが全滅してもどれかが生き残る
というリスクヘッジは可能だと思います。

それに株分けする前の親株同士も
多少の個体差はあるかもしれませんからね。

————————————

というわけで今回は畑の命を繋いでいく上で
比較的ハードルの低い“株分け”についてのお話でした。