大切な誰かを亡くした方、あるいは大事な何かを失った方へ【飯能で半農(2020.04.19)】

芽を出したばかりの
ジャガイモ、ニンジン、
シュンギク、ホウレンソウ。

どんどん逞しくなっていくタマネギ。

穂を出し開花したオーツ麦。

そして満開のエンドウとソラマメ。

 

畑の中にも老若が入り混じり、
同じ時を生きています。

 

その足元には先代の亡骸

 

亡骸はとなり、
微生物を生かします。

微生物が生きるおかげで
草や野菜、鳥虫獣も生きます。

そしてそれらを頂く
僕ら人間も。

————————————⠀

死は死で終わりません。
必ず同じだけの生となります。

 

今、多くの死があるように
感じるかもしれません。

 

既存の経済活動の死。

自由な行動の死。

あるいは大切な人の死。

 

死にフォーカスする事や
悲しみの涙を流す事をやめなさい
とは言いません。

 

でもひとしきり泣いたら、
その死がもたらした
同じだけの生を見てあげて下さい。

それはどこへも行っていません。
ただ、形を変えただけ

 

失って悲しい、寂しいと
感じている事

別の何か他の誰か
今、満たしてくれています

 

それはまとまっている事もあれば
分散している事もあります。

その全てを見てあげて下さい。

 

そうすれば
きっと気付くはずです。

この世界の“本当の事”に。