竜ヶ崎・自然農の会(2019.09.10)

【“〇〇な事しかやらない人生”は8割も損している!?】

9/10(火)は竜ヶ崎・自然農の会。

後述するアクシデントがあったにも関わらず、

ナス、ピーマン、オクラ、キュウリ、
カボチャ、シソ、エダマメなどの収穫の他、

ダイコン、カブ、コマツナ、ミズナ、
ホウレンソウ、シュンギクの種播きなど

予定していた作業を
首尾よく行う事が出来ました。

————————————

今回、竜ヶ崎に向かうにあたり、
常磐線の取手駅から先の区間が
運行見合わせになってしまうという
アクシデントがありました。

そこで即座に東京から車で向かっている
仲間に連絡を取ったところ、
途中の駅でピックアップしてもらう事が出来、
何とか畑まで辿り着く事が出来たんですね。

 

普段は頼み事ってあまり得意じゃない僕ですが、
こういう時は迷いません

考えてみれば竜ヶ崎に行く日って
早朝発でも寝坊した事ないし、
事前の準備なども面倒臭いと感じた事が
全くありません。

 

それは僕にとってこの仕事が
“やる事”だからかもしれません。

やり“たい”事とか、
やる“べき”事という
余分な言葉がついていない、

純粋な“やる事”って感じです。

(あるいは放っておいても
“やってしまう事”

 

つまりは脳みその演算がシンプルで
だからそれをする事自体に
迷いがないのかもしれません。

————————————

「成功できるかどうかは
成功すると“決めているかどうか”だ」

とよく聞きます。

 

そうかと言って、
「よし決めた!成功するぞ!」

…なんて鏡の前で宣誓してみたところで
人間そうそう変わりませんよね。笑

 

結局のところ、
僕らは先に述べたような
“やる事”“やってしまう事”
でしか力を発揮できないようです。

 

ならば方法は2つです。

“やる事”“やってしまう事”純粋に生きるか、

“やりたい事”や“やるべき事”を
“やる事”“やってしまう事”統合するか、です。

 

これはどちらも大切です。

片方だけでは自分の本来の力は
決して発揮できません。

 

さらに言えば、
実際には前者と後者のバランスは
2:8くらいなのだと、
ある成功者は仰っていました。

 

つまり、
“やる事”や“やってしまう事”に純粋に生きる、

それすなわち、俗に言う
“好きな事だけやる”
という生き方では…

人生の8割も損している事になります。
これってメチャクチャ勿体ないと思いませんか?

————————————

別に「嫌な事をやれ」っていうんじゃないんです。

「リンクを見つけよう」って事なんですよ。

 

たとえばあなたが今の仕事を辞めたくて
悩んでいたとします。

その「嫌だ」という感情、そして
それを生み出している何らかの認識
がありますよね?

「これは俺には向いていない」
「こんな事やっていても何にもならない」
「他にもっとベストな選択肢があるはずだ」

 

それらは実は“幻想”で、
本当は今の仕事があなたの
“やる事”“やってしまう事”
バッチリ繋がっているとしたらどうでしょう?

「実は今の仕事が天職だったんや」

ってなりません?

 

もちろん人間は未知を求め、
コンフォートゾーンを拡大していく生き物なので、
ずっと同じ職場に居続けろと言いたいわけではありません。

しかしながら、
新たなステージに進むためにも
いついかなる瞬間も携わる仕事が
天職である事に越した事はありませんよね?

 

そのためにはまずは自分の
“やる事”“やってしまう事”を明らかにし、

それを今の仕事がどのように満たすか
すなわちメリットリンクをひたすら見ていくと良いです。

————————————

と言ってもまあ、
退職や転職を考えている人にとっては
感情的に納得できませんよね。笑

 

いいんです。
無理に納得させなくても。

 

僕らはついつい、
思考レベルで解釈を変えようとします。

でも、はっきり言って無理です。笑

 

それは多くの場合において、
幻想に幻想をぶつけているだけだから。

 

某ライトノベルの主人公の右手以外では
幻想をブッ壊せるのは真実のみです。

真実を見るための方法としては
僕の知る限りではDr.ディマティーニの

  • バリュー・ファクター
  • ディマティーニ・メソッド

などのメソッドが再現性もあってオススメです。

(実はさっきの“リンク付け”もこの中のひとつ)

 

まあ、それを学ぶところまでいかないにしても
今日お話しした内容を何となくでも
覚えておいてもらえれば…

少なくとも
“好きな事しかやらない人生”という幻想
取り込まれる前に

「ちょっと待てよ?」

と立ち止まる事が
出来るんじゃないかと思います。

 

関連記事: