momotaryとは?

 

「俺の人生、このままで良いのかな?」

「やりたいことだけをやって生きていければ理想だけど、
 そんなこと可能なの?」

「そもそも私、何がしたいんだろう…」

 

あなたはそんな思いを抱きながら
毎日を過ごしてはいませんか?

 

  • 将来への漠然とした不安
  • 何が足りないというわけでもないけれど、
    どこか生きがいの感じられない無味乾燥な日常への退屈さ
  • それでも年齢だけは重ねていってしまうことへの焦り

 

そのような悶々とした気持ちを家族や友人に相談しても

「じゃあ行動すれば?行動しないと何も変わらないよ?」

と聞き飽きたセリフを返されるだけ…

 

「いや、分かってはいるんだけどね。」

と言いつつ、何をどうしたらいいか分からない。

 

よしんば独立起業や投資、あるいは恋愛や婚活など、
自身が望む状態を叶えるための手段について

本やネットで調べてみたり、セミナーに参加してみたり、
あるいはコーチングを受けてみたりしても

 

「今行動しないと死ぬ」

というほど切迫しているわけじゃないから、

結局は何を変えることも出来ずに、今まで通りの
不安、退屈、焦りに満ちた日々に引き戻されていく…

 

あなたはそんな
“真綿で首を絞めつけられているような状態”
に陥ってはいませんか?

 

もしもあなたがそんな悩みを抱いていて、

  • 本当の自分を見つけたい
  • 好きなことを仕事にして十分な収入を得たい
  • 人間関係を充実させたい
  • 心身ともに健やかでありたい(※)

これらのことに少しでも興味があるのでしたら…

ぜひこの先を読み進めて下さい。

 

もちろんもっと緊急性の高いことに追われて
このサイトに辿り着いた方にとっても

今日が人生を好転させるターニングポイント
なるかもしれませんので、
ほんの数分ほど、僕の話にお付き合い頂ければ幸いです。

 

※はじめにお伝えしておくと、
僕の活動は医学的な治療を行うものではありません
あくまで知恵意識行動習慣等の話であることを
あらかじめご了承くださいませ。

 

 


あなたの“飽きない人生”のために


はじめまして。
中津 響(なかつ ひびき)と申します。

 

冒頭でお話しした

  • 将来への漠然とした不安
  • 何が足りないというわけでもないけれど、
    どこか生きがいの感じられない無味乾燥な日常への退屈さ
  • それでも年齢だけは重ねていってしまうことへの焦り

という状態。

 

何を隠そう、僕はずっとこのような状態に悩まされ続けてきました。

その結果、「生きていく意味」さえも見失い、
自暴自棄になってしまった時期もあります(※)。

※その辺りの経緯については長くなるので
発信者プロフィールにまとめています。
もし興味があれば見てやって下さい。

 

しかし幾人かの人生のメンター(師匠)達との
出会いとそこから得た多くの気付きによって

今では、成功者とはまだまだ呼べないまでも

自分の愛することをしながら十分な収入を得て
さらに使命感を持って生きていく

その見通しが立ち、少しずつ現実が追いついてきています。

 

そしてメンター(師匠)達から教わった
心身ともに健やかかつ力強く生きる方法
人間関係にまつわる悩みを解消する方法
などを実践する中で、

パッとしなかった僕の人生は
物質的にも精神的にも豊かで幸せな、
“飽きない人生”に加速度的に変容していっています。

 

さらにありがたいことに、
それをこのような形であなたと分かち合いする機会
得ることも叶っています。

 

ですから、あなたも大丈夫です。
この僕でさえここまで来れたのですから。笑

 

僕とは違う形かもしれませんが、
あなたにはあなたの“飽きない人生”
もう、すぐそこに待っています。

 

そのためにもう少しここで、
あなたの抱える問題について掘り下げてみましょう。

 


何故あなたの人生に不安、退屈、焦りが付きまとうのか?


さて冒頭に挙げたような悩み、すなわち

「不安、退屈、焦りが付きまとう人生」

言い換えれば、

「自身の人生に対する“確信感”が持てない状態」

に僕たちが陥ってしまうのは何故なのでしょうか?

 

原因は人によっても様々でしょうが、
一言で言えば、それは

本来の姿、ありのままの自分を生きられていないから」

ではないでしょうか?

 

すなわち学校会社、あるいは社会常識といった
“他人の価値観”を優先してしまうなどして
“自分の価値観”を生きることが出来ていないから…

どこか“足に合わない靴を履いているような違和感”を感じるのです。

 

たとえばあなたは自己紹介をする時、
どのようにしていますか?

 

おそらく、

「株式会社〇〇の田中と申します。」

「どうも佐藤です。一応…公務員をしてます。」

「オマワリサ〜ン何言ッテルノ?ワタシ鈴木。日本人ネ。」

というように職業肩書きを付けませんか?

 

「二足の草鞋を履く」という言葉があるように、
職業肩書きはよく“草鞋(わらじ)”に例えられますが、

 

その草鞋本当にあなたに合っていますか?

 

それともあなた以外の誰かが作った既製品の草鞋
あなたは無理やり足を合わせようとしていますか?

 

僕は何をやるにも完全に後者だったんですね。

 

僕も多分にもれず、

  • 会社に勤めていた時は「株式会社〇〇」の〜
  • 複業で教える仕事をしている時は「講師」の〜
  • バンドやソロで歌っている時は「ミュージシャン」の〜

といった枕言葉付きで自己紹介をしていましたし、
周りも僕をそのように認識していたと思います。

 

誤解のないように申し上げておくと、
草鞋(ここでは職業や肩書き)を履くこと自体が
自分の価値観を生きていないと言っているわけではありませんよ。

 

ただ、僕の場合はどうにもそこに違和感を感じていた、
というだけなんです。

(足に合わない草鞋を履いている感覚ですね。)

 

実はこの

“自分の価値観を生きているか”

それとも
“他人の価値観を生きているか”

見極める方法がひとつあります。

 

あなたは自分自身、もしくは他人に対して

「〜であるべき」
「〜しなくてはならない」

といった言葉を口癖のように使ってはいませんか?

 

これらの言葉はまさに
他人の価値観社会常識社会的理想通念といった
自分以外の価値観自分を縛り付けている時に現れる兆候なのです。

 

僕自身も、手持ちの草鞋を履く時、
すなわちその職業や肩書きに徹する場面では

「この会社の一員ならこうあるべき」

「教える立場ならこうあるべき」

「ミュージシャンならこうあるべき」

…みたいに、必死になって

その“「既製品の草鞋(他人の価値観)」に合わせなきゃ”
って感じで、自分の足(自分の価値観)を抑え込み続けたんです。

 

 

さらに、そういった何足もの草鞋を履いていること
自分が中途半端な感じがして嫌でした。

 

そもそも何故そんなに何足もの草鞋を履いていたかというと…

それまでに履いてみた草鞋がどれも自分に合わない気がして、
本当に僕に合う草鞋を探し続けた結果、
三足も四足も持ってしまう結果になったわけです。

(ま、いわゆる“自分探し”の結果ですね)

 

そんな僕を見て、ある人は
「何足もの草鞋を履いてて凄いね!ムカデみたいね!」
と形容しました。笑

実はその一言が後々素晴らしいインスピレーションを与えてくれたのですが…

 

当時は、

「やっぱり草鞋はどれか一足に絞った方がいいんじゃないだろうか」

と思っていました。

(まあ、今思えばこれも「何足もの草鞋を履いてはいけない」
という誰かの価値観に自分を合わせていただけなんですけどね)

 

で、そんな状態でまともに歩けるはずありませんよね?

 

ですからなるべく歩かないように、
つまり痛みを恐れて行動しないようになり、
「出来るだけ何も起こってくれるな!」と
アクシデントやイベントを避けるようになっていったのです。

 

あなたはどうですか?

 

もしもあなたが何かにつけて

「〜であるべき」
「〜しなくてはならない」

という言葉を日常的に使っているとしたら…

 

それらの言葉は本当に
あなたにとっての“真実”だと確信感を持って言えますか?

 


“確信感”のある人生のキーワードとは?


それでは今度は質問を変えてみましょう。

逆にあなたにとって信頼できることは何ですか?
あるいは確信感を持てている瞬間とはどんな時でしょうか?

 

月並みかもしれませんが、恐らくそれって

いわゆる
“好きなこと”“やりたいこと”をやっている時

ではないですか?

 

スポーツでも、カラオケでも、恋愛でも、
ゲームでも映画鑑賞でもネトゲでも…

 

何かに夢中になっている瞬間って

「俺はこれ本当に好きなのかな?」

とは思わないんじゃないでしょうか?

 

むしろ「好き」とか「やりたい」とかすら思わず、
気が付いたらやってしまってませんか?

 

実は、これらの中に自分の価値観が現れているんですね。

 

つまりは
「不安、退屈、焦りを解消し、
 “確信感”を持って生きていく」ためには

この自分の価値観、すなわち

  • 好きなこと
  • やりたいこと
  • 気がついたらやっていること

をやることがキーワードになるわけです。

 


「やるべきこと=やりたいこと」とするために


「そうは言っても好きなことやりたいこととは別に
生きていくために必要なやるべきことは存在するだろ?」

って思いますよね?

 

そうですね。
その通りなんです。

 

ですからやはり僕らには
やりたいことやるべきこと
統合していくことも必要なんですね。

“統合”というと難しく感じるかもしれませんが、
要は“リンクさせる”“結びつける”ってことです。

 

そうすれば

「やるべきこと=やりたいこと」

になります。

 

やるべきことやりたいこと
天秤にかけるようなこともなくなるわけです。

 

この生き方をイメージするために
あるイラストを用意しました。ご覧下さい。

実はこの上手すぎるイラストは先に述べた
何足もの草鞋を履いていた僕を見て、ある人が言った

「何足もの草鞋を履いてて凄いね!ムカデみたいね!」

という一言をふと思い出した時に天から降ってきたのです。

(あ、もちろんインスピレーション的な意味で。
リアルなムカデが降ってきたらチビります)

 

このムカデはあなた自身です。

 

脚がたくさんありますね。

これがあなたの

  • 好きなこと
  • やりたいこと
  • やってしまうこと

だと思って下さい。

 

つまりさっき言った

あなたが夢中になれる
スポーツとか、カラオケとか、恋愛とか、
ゲームとか映画鑑賞とかネトゲetc…

などの具体的な行動、事柄ですね。

 

よく見て下さい。
すべての脚が胴体で繋がっているでしょう?

 

つまり、どの脚がメインとかじゃなくて、
これは全部で1匹のムカデなんですよね。

(ただし、“あなたの利き足”とも呼べる
“価値の優先順位の高い行動、事柄”は存在します)

 

ですからあなたは何も捨てなくていいし、
何も諦めなくていいんです。

 

それは脚を切り落とすようなものだから。
痛いし、歩きにくくなっちゃいますよ。

 

 

そしてポイントがもう1つ。

このムカデはそのたくさんある脚の数だけ草鞋を履いていますね。

 

(スクロールがタルい?仕方ないのでもう一度貼っておきましょう)

現実のムカデにとっては草鞋は必要ありませんが(笑)、
僕たち人間にとっては履物は大地を歩くのに必要ですよね。

 

ですからこの草鞋
社会生活や経済活動などを行う上で必要なこと
つまり“やる(べき)こと”だと思って下さい。

(さっきは職業肩書きに絞って話をしましたが、
ここでは“その職業や肩書きに必要なこと”も含みます)

 

そしてこの草鞋を、
きちんと自分に合わせて作るわけです。

 

これがさっき述べた
“やりたいこと”と“やるべき事”の統合
すなわちリンク付け結びつけです。

 

既製品が脚に合えばそれでもいいんですが、
合わないと靴擦れ(草鞋擦れ?)を起こします。

これまた痛いし、歩きにくくなっちゃいますよ。

 

まとめると、

①まずは自分の価値観を明らかにし、それを丸ごと受け入れましょう
やりたいことを特定する)

 

②次に自分の価値観生きていくのに必要なこと統合しましょう
やるべきことやりたいこと結びつける

【補足】
「やりたい事」と「やるべき事」
を統合するのと同じように、

  • ポジティブとネガティブ
  • 物質性と精神性

などなど、多くの“分離感”を統合していくプロセスも大切です。

何故ならこれらは決して別々のものではないからです。
百足のようにすべてはひとつなのです。

(補足ここまで)

 

③あとは自由に歩いていきましょう!
やりたいことをひたすらやる

 

この3ステップが僕らが
「不安、退屈、焦りを解消し、
“確信感”を持って生きていく」
ために必要なことなのです。

 

 

「詭弁だ!そんな簡単にいくかよ。」

あなたはきっとそう思ったはずです。

 

今はそれで結構です。

むしろ僕の言うことを鵜呑みにせずに、
調べるか、自分自身に問う癖を付けて下さい。

 

何故ならここまでお伝えしたメッセージ、
そして今後お伝えしていくメッセージにも
僕の価値観が多分に反映されているからです。

 

ですが、その中にほんの少しでも
あなたの価値観に合致するものがあるなら…

 

この「momotary」というサイトが
あなたの“飽きない人生”への道しるべとなるでしょう。

 


このサイト:momotaryについて


ここまで読み進めて下さったあなたは
もうサイト名「momotary」の由来が
なんとなくわかったのではないでしょうか?笑

 

そう「ムカデ=百足」の読みを変えて「モモタリ」

 

ちょっと英語っぽくして「momotary」

シャレです。言葉遊びです。

 

また「百足」という言葉は、

「100%足りる」という意味にも捉えられます。

 

何ひとつ欠けることのない、100%満ち足りた状態

そんな自分に今日からなりましょう。

 

否、もう既にそんな自分であることを今ここで思い出す

と言った方が正確かもしれません。

 

“百足のようにたくさんの脚を持っていても、

全部があなた、全部であなた

どの脚に絞らなければならないということもなく、

ましてや世間が作った草鞋に自分を合わせるのではなく、

まるごとの自分で、

自分に合った草鞋を履いて、

どこまでも自然に大地を力強く、自由に歩こう

 

胴体、脚、そして草鞋まで含めて、
全部で一匹のムカデだから。

 

全部であなただから。

全部があなただから。

 

…ということでこのサイト「momotary」では、

「こうあるべき」といった、
いわゆる社会的理想通念に縛られることなく、

自分がどんなことに価値を置いているかを知り
それをどのようにして表現していくのか

あるいはそれを使って
どのように世の中と関わっていくのか

といった、人生をマスターして
精神的にも物質的にも豊かに、幸せに生きていく方法
について、

僕がこれまでに得た気付き知恵
どしどしシェアしていきたいと思います。

 

  • 本当の自分を見つけたい
  • 好きなことを仕事にして十分な収入を得たい
  • 人間関係を充実させたい
  • 心身ともに健やかでありたい(※)

そういったことに関心がある方は、
今すぐブックマーク登録して、
いつでも遊びにきて頂ければと思います。

記事一覧はコチラ

(メルマガ講座も現在作成中、乞うご期待!)

※繰り返しになりますが、
僕の活動は医学的な治療を行うものではありません
あくまで知恵意識行動習慣等の話であることを
あらかじめご了承くださいませ。

 

僕が実践してきた

  • 自然農
  • パーマカルチャー
  • ディマティーニメソッド
  • バリュー・ファクター
  • 引き寄せの法則
  • ホ・オポノポノ
  • 断捨離
  • 冷えとり健康法
  • ワークアウト(筋トレ)
  • ダイエット
  • ビジネス
  • お金に関すること
  • 音楽活動

…などなど、
一見バラバラのようで実は一貫して探求してきた、

本来の姿、ありのままの自分を生きること

 

その中で得た有益な気付きを、
余すことなくあなたにお届けすること
をお約束致します。

 

「記事が多くてどれから読んだらいいか分からない」
という方は…

あたりから読み始めることをオススメ致します。

 

もともと理系出身の人間なので、

「ふんわりした表現より出来るだけ論理的な解説を」

にこだわるあまり、
1記事1記事がトイレットペーパーのように長いですが、

あなたの抱える課題について、
あなた自身でケツを拭くお役に立つかもしれませんよ。笑

 

では最後までお読み下さり、本当にありがとうございます。

素敵なムカデライフを。

 

記事一覧はコチラ